平成24年6月8日 JCS研究会終了後、畳表接着・圧着工法の第1回「畳ホットプレス活用研究会」を、岡山市内のホテルで開催致しました。
606ee9c7
平成21年3月に「畳ホットプレス機(1号機)」を導入させて頂いてから早3年が経過し、全国30社以上でご活用頂くまでに増えました。
そこで全国の「畳ホットプレス機ご導入畳店様」に情報交換を行って頂く為に、(株)カネハ様の協力のもと、第1回「畳ホットプレス活用研究会」を開催し、全国各地より14社20名様にお集まり頂きました。

頃安雅樹社長のあいさつの後、共同開発者である(株)カネハ佐藤益由社長様より、「新畳 今後の行方は (圧着畳の提案)」と題して、和室の減少を食い止めるには、フローリングに負けないためには「安価で反らないヘリ無畳の提案が必要」と、圧着畳の有効性を説明しました。

参加者に自己紹介をして頂き、事前アンケートを元に情報交換を行いました。
<圧着畳の販売方法・作成方法(事例)>
・専用のリーフレットを作ってPRしています。
・自社ショールームに展示してPRしています。
・ハウスメーカー、工務店、不動産管理会社にサンプルを持ち込んで提案しています。
・パートの主婦を採用して圧着畳を作っています。

勉強会の後は懇親会を行い、「困っている事や判らないことを教えてもらえて良かった!」と、喜んで頂きました。
次回、第2回「畳ホットプレス活用研究会」も計画していきますので、お楽しみに!